包丁のお手入れどうしてる?切れ味を維持する方法

お悩み解決!包丁のお手入れ方法

>

知っておきたい包丁のお手入れ方法

知っておくと安心?切れ味を維持する方法

欠けにさえ気をつければ手入れの必要がほぼないセラミック製のものを除いて、基本的に包丁はお手入れをしなければどんどん切れ味が落ちていきます。
特に包丁の大敵となるのが錆です。
錆が付きにくいステンレスであっても、もらい錆によって錆びることはありますし、鋼製の包丁は殊更錆には気をつけなければなりません。
錆を防ぎ切れ味を維持するための最も簡単な方法は、こまめに洗って乾いた布巾でなるべく水気を取ることです。
また長期間使わない場合は、色や匂いの薄い油を峰も含めて満遍なく塗布し、通気性の良い紙で隙間なく包んでおくと劣化を防げます。
最も良いのは椿油を塗って和紙で包んでおく方法ですが、なければサラダ油と新聞紙で代用してもかまいません。

もしも錆がついてしまったときには?

いくら気をつけても金属でできている以上、錆がついてしまうことはあります。
そうなっても、慌てず適切に対処すれば問題ありません。
軽度の錆びの場合ならば、ワインコルクやナイロン製のたわし、クリーナーでこすれば比較的簡単に錆を落とすことができます。
これらでも落ちない頑固な錆の場合は紙やすりと研磨ブロックを使いましょう。
紙やすりは粗目、中目、細目の三種類を用意し、目が粗い方から順番に研磨ブロックに巻きつけて錆を削っていくと綺麗に落ちるはずです。
最初の粗目のやすりは錆をこそげ落とすイメージで、次の中目では錆と傷の凹凸を均す感じで、最後の細目では磨き上げるようにこすれば上手く仕上がるでしょう。
このときに紙やすりを輪ゴムやひもで固定しておくとより磨きやすくなるのでオススメです。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ