包丁のお手入れどうしてる?切れ味を維持する方法

お悩み解決!包丁のお手入れ方法

>

包丁についてのお話

どんなものがある?包丁の種類について

包丁をお手入れする前に、使っている包丁の種類について確認しておきましょう。
特に包丁の材質、つまり何でできているかによって扱いは変わってきますので、まず真っ先に確認すべき事項となります。
包丁を材質で分類した場合、3種類に分かれます。
鋼、ステンレス、セラミックの3つです。
昔は刀と同じ鋼が主流でしたが、今ではステンレスかセラミックを使っていらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?
また、両刃か片刃かによる違いも重要です。
だいたいの場合、両刃の方は洋包丁、片刃の場合は和包丁と呼ばれています。
用途や使用法によっても変わってきますが、洋包丁は主に押して切る、和包丁は引いて切るのが主な使い方となっています。

それぞれの包丁の特徴について解説

まず伝統的な素材である鋼製の包丁の特徴としては、素晴らしい切れ味と頑丈さ、それらのバランスの良さが挙げられるでしょう。
反面、お手入れを怠るとすぐに錆びて切れ味が落ちるのと、他の材質に比べて一段と重い点はデメリットと言えます。
次に、現代では最も使われているであろうステンレス製の包丁は、その名の通り錆が付きにくいのが最大の特徴です。
切れ味や丈夫さについても鋼には一歩譲るものの、普段使いする分には十分及第点と言える性能であり、使い勝手の良さが魅力でしょう。
最後にセラミック製の包丁の特徴ですが、他の包丁に比べて段違いに軽いことと金属ではないので錆びない点が挙げられます。
切れ味の方も良く、手入れの必要もほとんどいらないので使いやすさはピカイチと言えますが、ただ一点他の包丁に比べて欠けやすいという点においてだけは注意が必要です。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ